2009年12月01日
「とりあえず検索窓に聞く」ユーザ

株式会社ビービット
ユーザビリティコンサルタント
森 裕二

弊社のユーザ行動観察調査の中で、ユーザがブックマークの代わりに、検索エンジンでのサジェスト機能や、ブラウザのオートコンプリート機能を使う例が見られます。

サジェスト機能とは、検索フォームに最初の数文字を入力するだけで、検索履歴などから検索ワードの候補を提案(サジェスト)してくれるものです。

検索エンジンのサジェスト機能

オートコンプリート機能は、例えば株価情報のサイトを普段利用しているユーザの場合、保有銘柄のページをブックマークしたり、ポートフォリオ(銘柄登録)機能を使わなくても、ブラウザの検索フォームに直接「72・・・」と入力すると、自動的に「7203」という文字列に補完され、検索結果にトヨタ自動車の株価ページが表示されるというような形で利用されます。

オートコンプリートの例

こういう行動をとるユーザに、ブックマークや、ポートフォリオ機能などを使わない理由を尋ねると、次のような答えが返ってきます。

  • 「ブックマークの登録数が多くなって整理が面倒になってしまった」
  • 「ポートフォリオはログインの手間がかかる」
  • 「いつも使っているページはブラウザが覚えていてくれる」

実際にはブラウザがページを覚えているのではなく、よく使われる検索語を覚えているだけなのですが、ユーザとしては「自分で保存・整理しなくても、ブラウザに聞けば教えてくれる」という感覚になっているのです。

こういう行動の背景としては、

  • Webでの情報収集の幅が広がり、増え続けるブックマークの管理がユーザの負担になっている
  • 検索のインターフェースに慣れ、ログインするより検索するほうが楽だと感じるユーザがいる

などが考えられます。

また、検索サイトにおいて、特定のサイト名やサービス名での検索が多いことからも、ブックマークを使わず、検索から目的のサイトにアクセスするユーザが一定数いることが想定されます。

参考:Yahoo! JAPANの「2009検索ワードランキング」

こういった傾向に対応するためにも、まずは自社サイトで訴求したいブランド名や商品名、商品の特徴などの言葉に関して

  • その名前はユーザに印象づけられているか(次の機会にも思い出してもらえるか)
  • その言葉で検索した場合に自社サイトが上位表示されるか
  • 他の言葉と混同されないか

などを確認してみてはいかがでしょうか。

検索サイトからの流入を調査し、有効なSEO対策も行える広告効果測定ツールなら
関連コラム
明日からはじめる!アトリビューション分析基本の3ステップ セミナー資料を無料公開中 ダウンロードはこちら
  • アトリビューションの具体的な分析方法を解説
  • 分析事例も多数掲載
機能を詳しく解説した資料や、管理画面を見たい方はこちら

体験版(無料)の管理画面を操作して、使いやすさと機能を確認いただけます

機能の詳細や導入事例、主要ツールの比較を確認いただけます

  • 体験版デモ画面を見る
  • 資料ダウンロード