再訪を前提にした啓蒙シナリオを策定

再訪してコンバージョンする商材

ある商材の資料請求をゴールとしているお客様のサイトでは、初回訪問時は離脱するものの、その後再訪してコンバージョンするユーザが多いということが分かりました。

再訪してコンバージョンする場合のユーザの動き

再訪を前提に、製品の選び方を啓蒙するランディングページ

再訪してコンバージョンすることを前提とした場合、広告のランディングページを制作する際のユーザに期待する行動も変わります。

上記の例では、初回訪問で製品の選び方を啓蒙するコンテンツを見せ、自社製品に強みがあるポイントを中心に解説し、再訪のタイミングで資料請求いただくというシナリオを策定しました。

競合との違いが分かりづらい商材の場合、検討の初期段階で選定方法を啓蒙することで、候補に残りやすくなる可能性があります。

上記の事例では、狙い通りに再訪コンバージョンが増加し、全体のコンバージョン数は約2倍に増加しました。

その他の効果測定コラム
明日からはじめる!アトリビューション分析基本の3ステップ セミナー資料を無料公開中 ダウンロードはこちら
  • アトリビューションの具体的な分析方法を解説
  • 分析事例も多数掲載
機能を詳しく解説した資料や、管理画面を見たい方はこちら

体験版(無料)の管理画面を操作して、使いやすさと機能を確認いただけます

機能の詳細や導入事例、主要ツールの比較を確認いただけます

  • 体験版デモ画面を見る
  • 資料ダウンロード