2010年05月26日
「キーワード入力補助」により、SEOで狙うワードが変わる?

株式会社ビービット
ユーザビリティコンサルタント
垣内 勇威

弊社では、年間約2,000名のユーザ行動観察調査を実施していますが、検索エンジンの「キーワード入力補助機能」を利用するユーザが増えています。

この機能の普及で、ユーザの検索するキーワードが変化し、SEOやリスティングで狙うべきワードも見直す必要が生じます。

「キーワード入力補助機能」とは?

「キーワード入力補助機能」とは、キーワードを途中まで入力すると、その続きを予測してプルダウンメニューのように関連キーワードを表示する機能です。

関連キーワードとして表示される情報は、過去に利用者が入力したキーワードに基づきます。

2010年5月時点で、Yahoo!検索、Google検索ともにこの機能が実装されています。

検索エンジンにおけるキーワード入力補助機能の例

「キーワード入力補助機能を使うユーザの行動

先日実施した調査では、10名中10名がこの機能を使用していました。その中で観察されたユーザ行動の例をご紹介します。

  • どんな塾があるか調べようと思い、「塾」と入力したところ、「塾 口コミ」という関連キーワードが表示されたため、そちらの方が良さそうだと思って、検索方法を変更した。
  • ひらがなやローマ字で最低限の文字数だけ入力した(漢字は面倒なので入力しない)。
  • Yahoo!の検索結果の検索ボックスには、入力補助機能がついていないため、わざわざYahoo!トップまで戻って検索した(文字入力の方がページ遷移よりも面倒だと思った)。

キーワード入力補助機能の普及で、企業が気をつけるべきポイント

入力補助機能の普及で、インターネットユーザの検索リテラシーの向上が予想されます。
今までは、単一キーワードで検索して企業のトップページに訪問していたユーザが、様々なキーワードで検索し、企業サイトの下位ページや、企業サイト以外のサイトに訪問する可能性が高まります。

今まで想定していなかったキーワードや、自社サイトに誘導できていないキーワードが長期間関連キーワードとして表示されるのであれば、対策が必要な場合もあります。

短期的な対応としては、ランディングページを制作し、リスティングから集客します。

重要なキーワードだと判断した場合は、長期的な対応になりますが、サイト内に一定量のコンテンツを制作し、SEO対策を行います。

まずは、検索エンジンに現状どのような関連キーワードが表示されるか、チェックすることを推奨します。関連キーワードは、時々刻々と変化するため、週次や月次での定点調査が理想的です。

またサイト側では、どのキーワードで流入するとコンバージョンしやすいのかを見極め、キーワードの対応優先度を決定します。

その際、リスティングとSEOのどちらで成果が出たのかを正しく測定するために、計測ロジックが同じ単一ツールでの計測を推奨します。
リスティングを媒体側で計測し、SEOをアクセス解析ツールで計測する場合などは、両者の計測値に大きなずれが生じる可能性があり、数値の解釈を誤る恐れがあります。

リスティングとSEO(自然検索)を同時に正確に計測できるツールなら
関連コラム
明日からはじめる!アトリビューション分析基本の3ステップ セミナー資料を無料公開中 ダウンロードはこちら
  • アトリビューションの具体的な分析方法を解説
  • 分析事例も多数掲載
機能を詳しく解説した資料や、管理画面を見たい方はこちら

体験版(無料)の管理画面を操作して、使いやすさと機能を確認いただけます

機能の詳細や導入事例、主要ツールの比較を確認いただけます

  • 体験版デモ画面を見る
  • 資料ダウンロード