2009年12月01日
検索結果で無視される!?

株式会社ビービット
ユーザビリティコンサルタント
橋本 公彦

GoogleやYahooなどの検索サイトからの流入は、購入や申込み、閲覧などの前提となる重大なポイントです。

しかし、ユーザビリティテスト(ユーザ行動観察調査)を行っていると、サイト名が検索結果の上位に表示されているのに、クリックされないという現象が良く見られます。

その原因の一つが、検索結果の青字リンクに直接的な会社名が入っていないことが挙げられます。

例えば、誰もが知っているある大企業が持つ一つのサイトを見ようと思い、その企業の名前で検索をしたとします。

このとき、ユーザが図のような検索結果を見ると、「会社名の入っていないリンクは、関係のないサイトだ」と思ってクリックしてくれなくなるのです。

企業名がないだけで読み飛ばされる例

サイト名の登録やタイトルタグには、必ず会社名を入れるようにしましょう。

※このエントリーはビービットの運営する『ユーザビリティ実践メモ』2006/3/6の記事を転載したものです。

検索サイトからの流入を調査し、有効なSEO対策も行える広告効果測定ツールなら
関連コラム
明日からはじめる!アトリビューション分析基本の3ステップ セミナー資料を無料公開中 ダウンロードはこちら
  • アトリビューションの具体的な分析方法を解説
  • 分析事例も多数掲載
機能を詳しく解説した資料や、管理画面を見たい方はこちら

体験版(無料)の管理画面を操作して、使いやすさと機能を確認いただけます

機能の詳細や導入事例、主要ツールの比較を確認いただけます

  • 体験版デモ画面を見る
  • 資料ダウンロード