ABテスト勝率80%も! CVRを劇的アップさせる企画・テストの手法とは ?

2019年10月8日(火) 16:00 ~ 18:00開催

※セミナーの受付は終了しました

日程
2019年10月8日(火)
16:00 ~ 18:00(受付開始15:30)
会場
株式会社ビービット セミナールーム
東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル 10F (アクセス)
※2019年5月7日より新オフィスへ移転いたしました。
参加費
無料
定員
30名
主催
DLPO株式会社、株式会社ビービット

セミナーの概要

beBit社×DLPO社の共同開催セミナーが決定!
CVRに効く当たる仮説の立て方から、具体的なABテストパターンへの落とし方まで、デジタルマーケティングの現場に関わるご担当者様必見の内容をお届けします。

日々PDCAを回すご担当者の皆さまは、例えば、ボタンの大きさや色を変えた等の表層的な改善では、CVRや各種数値が簡単には上がらないことは、既にご存じのことと思います。「もっと本質的な、成果に寄与する改善案を打ち出さねばならない!でも実際どうすればいいんだろう…?」

今回のセミナーでは、そんなお困りごとをお持ちのご担当者様に、ABテストなどを実行する段階で躓くポイントと、その解決策をbeBit社、DLPO社それぞれの事例から具体的に解説します!

【両社が多くの企業様をご支援する中で見えてきた成果の分かれ道】

  • まず改善施策やテストのパターンを考える手前で、「本当にお客様の実態やニーズを理解しているのか?」
  • そして実行するときに「意図がきちんと細部まで適切に落ちているのか?」

第一部では、シーケンス分析クラウドUSERGRAMを提供する株式会社ビービットより、ABテストを運用するうえで、よくある躓きポイント

  • そもそもなぜここがボトルネックなのか、どういう改善パターンを試すべきかが分からない
  • 効率的に結果の要因を分析し、次の二次改善に繋げていきたいが、次の施策や他のやるべきことに追われて、やりきれない

を解消する、今までになかったデータへのアプローチ方法をご紹介します。

第二部、DLPO株式会社からは、ABテストの勝率が一般的に1~2割と言われている中、いかに高速にPDCAを回し、狙った効果で勝率を高めるかという観点で重要なポイント

  • 仮説やアピールポイントの実際のテストパターンへの落とし込み方
  • ページ内の各要素(写真、ビジュアルデザイン、アクションボタン、コンテンツ等)の組み合わせ方
  • 高速にチャンピオンパターンを抽出する多変量テストの活用の仕方

など、成果への近道をあぶりだす技術、実際の成果事例等を徹底的にお話しします。

《こんな方におすすめです》
 ・改善がなかなか成果に結びつかない
 ・ABテストのパターンがネタ切れ
 ・テスト結果の解釈に自信がなく、勝敗の根拠を説明できない
 ・制作側の意図がきちんとユーザに伝わっているのかわからない
 ・写真やクリエイティブの細かなチューニングまで手が回らない

スケジュール

15:30
受付開始
16:00 〜 16:50
第1部
データからユーザのニーズや躓きを可視化!当たる企画を作り続ける「シーケンス分析」とは?
講師:株式会社ビービット 
エクスペリエンスデザイン支援事業部 アカウント・エグゼクティブ 
生田 啓
16:50 〜 17:00
休憩(10分)
17:00 〜 17:50
第2部
改善仮説のビジュアル・UIへの落とし込みポイントと、高速ABテスト成功の秘訣
講師:DLPO株式会社 
代表取締役
作左部 勇次郎
17:50 ~ 18:00
質疑応答

講演者のご紹介

  • 株式会社ビービット
    エクスペリエンスデザイン支援事業部 アカウント・エグゼクティブ
    生田 啓

    京都大学工学部を卒業後、株式会社ビービットに入社。ユーザー中心アプローチによるネットマーケティング手法の開発や、金融機関、大手保険企業などへの コンサルティングに携わる。
    現在は、企業が科学的にマーケティングを行って確実に成果を創出するための効果測定ツール「ウェブアンテナ」および新サービスのシーケンス分析クラウド「USERGRAM」の事業運営に携わる。

  • DLPO株式会社
    代表取締役
    作左部 勇次郎

    ライブドア社、アイオイクス社でのDLPO事業立ち上げを経て、2013年にマーケティングAI開発会社のデータアーティスト社の設立に参画。取締役副社長に就任。2018年4月、電通社によるデータアーティスト社のM&Aに伴い、DLPO株式会社を設立し、データアーティスト社からLPO・CROプラットフォーム事業を承継。代表取締役に就任。

※セミナーの受付は終了しました