ホワイトペーパー「UXインテリジェンス - アフターデジタル時代のデータ活用スタンダード」

この度ビービットでは、「アフターデジタル時代のデータ活用スタンダード」としてホワイトペーパーを作成いたしました。

常日頃、アフターデジタル時代に対応するOMOを考え推進する方々と議論をする中で、「どのようなデータ活用をすべきか」「どういった基盤を持つべきか」というご質問をよくいただきます。

そうしたときにお伝えする重要な考え方は、次のようなことです。

「データをマネタイズや販売のマッチング高効率化に活用する」ことしか考えていない場合は、ほとんど上手くいかない。データをユーザからの信認の委託と捉え「データのエクスペリエンスへの還元」を目指すことで、ユーザが更にサービスのUXに惹かれ、サービスへの吸着度が高まるようにすることでしか、データ活用をビジネスにつなげていくことはできない。

この考え方を、そういった知性を伴う当たり前のデータ活用スタンダードとして、「UXインテリジェンス」という言葉で表現することにしました。

本ホワイトペーパーを通して、「UXインテリジェンスが何を指し、どう実践するのか」を弊社が実践する事例とともに広めていくことで、UXの推進者を支援したいと考えています。

ホワイトペーパーをダウンロードする