毎日新聞社様のサービス「デジタル毎日」に ビービットのシーケンス分析クラウド「USERGRAM」が導入されました

USERGRAMを活用し、よりユーザインサイトに沿ったサービス提供を実現

■「USERGRAM」導入の背景と狙い

「デジタル毎日」運営ご担当者の皆様は、これまで定量的な分析結果をもとにさまざまな改善を繰り返し行ってこられました。この度、ユーザ行動を可視化し、分析することでデジタル毎日有料会員増・ユーザの契約継続・回遊時間の向上、そしてお客様により快適な操作体験を提供されたいという想いから、USERGRAMをご導入下さいました。
今後、「デジタル毎日」運営ご担当者様はUSERGRAMを活用し、サイト内の回遊状況や、各記事コンテンツに対するユーザ行動等を分析し、顧客理解の強化と、最適なタイミングで、効果的な記事を見ていただけるよう施策の精緻化を推進するとのことです。

今回の導入決定についてご担当様の編集デジタル推進室長 鯨岡秀紀様は「USERGRAMを導入したことで、有料会員になっていただいた方が、具体的にどの記事を読むために会員登録をしたのかなどのデータを把握できるようになりました。単なるアクセス数の比較から一歩進み、有料会員の維持・獲得という目標達成のために必要な記事は、どのような記事なのかを、より詳しく分析していくためにUSERGRAMをさらに活用していきます。」とおっしゃっています。

■株式会社毎日新聞社様とは

設立年:1872年(明治5年)2月21日
代表者:代表取締役社長 丸山昌宏
事業内容:日刊新聞の発行、雑誌や書籍の発行、デジタルメディア事業の展開、スポーツや文化事業の企画開催、その他各種の事業

モーメント分析クラウド USERGRAM(ユーザグラム)
行動データを活用した企画がデータドリブン・マーケティング成功の鍵!

モーメント分析クラウド USERGRAMは、顧客のモーメント(その瞬間の行動)をデータとして抽出/可視化でき、その行動の目的や、背景にある状況を把握し、マーケティング施策の企画立案に活かせるクラウドサービスです。