新卒採用サイトに
「不足していた情報」とは

募集要項、社員インタビュー、社員の一日、キャリアパスetc。
ある企業の新卒採用サイトでは、学生に興味を持ってもらえるよう、魅力的なコンテンツを豊富に掲載していました。しかし、致命的な不足情報があることが発見されました。そのコンテンツとは。

2018年9月18日
新卒採用サイトに「不足していた情報」とは

毎年コンテンツ企画をするものの効果が不明だった新卒採用サイト

ある企業の新卒採用サイトのお話です。
エンジニアの採用が重要となるこの企業では、エンジニアの獲得のため、毎年気合を入れて採用サイトのコンテンツ制作していました。

流行のサイトデザインを取り入れることはもちろん、社員インタビューや社員のキャリアパスなどコンテンツの拡充にも力を入れていました。
ただ、結局どのコンテンツが採用に貢献しているのか、あまり分かっていませんでした。

今年もそろそろ採用ページをオープンする季節。
どのコンテンツが寄与しているのかを明らかにするために、ウェブサイト上の各ユーザの行動を可視化できるツール「USERGRAM」でインプットを得て、改善策を考えることにしました。

致命的に不足していた情報とは

エントリーをするところまでは、狙い通り、様々なコンテンツを見て意欲を高めてくれている様子でした。
しかし、想定していなかったのは、エントリーした「後」でした。

一次面接や二次面接の日程の後に、学生が何度も何度も採用サイトに訪問をしていたのでした。

社内の規定で、面接後の通過是非のアナウンス日程は同一日となっていました。そのため、初期の日程で面接を受けた学生は、合否を不安に思い何度もサイトに確認しに来ているのではないかと想像されました。

サイトは「エントリーまで」ではなく「内定受諾まで」活用するもの

新卒採用サイトのKPIをエントリー数に設定していたので、無意識に「エントリーするまで」の学生を想定し、コンテンツを作り上げていました。そのことに気がついた担当者はハッとしました。

採用は、エントリーするまでではなく、内定を受諾してもらうまでの間がずっと勝負です。サイトも同じでした。
特に優秀な学生の採用は、他社との競争であり、他社から先に内定が出るとそちらに気持ちが流れてしまう可能性があります。

採用担当者は、今年の採用サイトでは、採用の大まかなスケジュールに加え、面接通過をお知らせする日程を明記することにしました。学生に不要な不安を抱かさないためにも、自社の選考を受け切ってもらうためにも、重要な情報です。致命的なミスに気がつくことができました。

さらに、面接選考中の学生の心持ちを想定すると、他にも施策を考えつくことができそうです。新卒採用チームで検討しようと決めました。

貴社では、「例年通り」に採用サイトを制作していませんか。
ユーザのインターネットの活用方法は年々変わっています。是非一度、ユーザにどのように閲覧されているか確認してみてください。

「USERGRAM(ユーザグラム)」をさらに知りたい方はこちら

資料ダウンロード(無料) 体験版デモ画面を見る
050‐1746‐1635
(平日10:00-18:00)