【オンライン開催】AFTER DIGITAL CAMP - 続アフターデジタル2:行動データのモデル別パターン整理 - ビジネスモデルとUXに活用するには

2020年8月24日(月)19:00~21:00

本セミナーにお申し込みいただいた方へ

セミナー参加に必要なパスワードは278940です。
URLは、お申込みの際にお送りしている自動返信メールをご確認ください。
(メールタイトル:【ビービット】イベントにお申し込みいただき、ありがとうございました)

日程
2020年8月24日(月)19:00~21:00
実施形態
オンライン開催

※ 新型コロナウィルスの感染拡大予防のため、本イベントはオンライン配信のみ(会場開催なし)で実施いたします
参加費
無料
講師
株式会社ビービット 東アジア営業責任者 藤井保文
(書籍「アフターデジタル2 UXと自由」著者)
主催
株式会社ビービット

※このセミナーの申し込み受付は終了しました

セミナー概要

※ 本イベントのコンテンツは、書籍「アフターデジタル2 UXと自由」をお読みになっていることを前提としています

2020年7月29日発売の「アフターデジタル2 UXと自由」、すでに多くの反響をいただいております。

書籍では内容をわかりやすく伝えるために、1つのストーリーに乗せる形で事例や考察を整理していますが、今回のセミナーでは、著者ならではの全く別の視点でケースを整理し、参加者の皆様にまた1つ新たな視点を提供することを目指します。

講師からのコメント

アフターデジタル2が発売になり、改めて伝えたかった「DXの目的は新たなUXの提供」、「立脚点の誤り」、「OMOやデータにおける幻想」は表現できた一方、記述した内容をまったく異なる観点から、ケースとしてまとめることで、各社の立ち位置を振り返ることができるのではと思っています。

それは「行動データ利用とビジネスモデルのパターン」という観点です。以下のレイヤーごとに、基本的考え方を整理していきたいと思います。

  • スーパーアプリ
  • 独自経済圏
  • サービサー
  • サービサーからプラットフォーマーへの転換
  • サービサー向けtoBプラットフォーマー

アフターデジタル2にもあるように、重要なのは「データは財産」という幻想から離れ、得られるデータを如何にUXに還元するか、です。

しかし、今回のアフターデジタルキャンプではさらに踏み込み、「どのようなモデルにおいて、どのように行動データを活用するのか」を改めてまとめ直すことで、皆さんのビジネスの現在の立ち位置や、これからのビジネス構築の糧になればと思います。

講師紹介

  • 株式会社ビービット 東アジア営業責任者 藤井 保文

    東京大学大学院 情報学環・学際情報学府修士課程修了。
    2011年ビービット入社。2017年から上海支社に勤務。2019年3月に「アフターデジタル−オフラインのない時代に生き残る」を出版し、世耕元経済産業大臣をはじめ各界著名人からの推薦を頂いている。続編となる「アフターデジタル2 UXと自由」は2020年7月29日の発売直後からシリーズ累計13万部を突破するベストセラーとなっている。

【必ずご確認ください】受講形態について

本イベントはオンライン配信のみ(会場開催なし)で実施いたします。
アクセス方法はお申込み時にお送りするメールでご案内いたします。

※このセミナーの申し込み受付は終了しました

AFTER DIGITAL CAMPのトップページに戻る