シリーズ累計11.1万部『アフターデジタル』待望の続編「アフターデジタル2 UXと自由」が7月29日に日経BPより発売

~サントリー新浪氏も推薦する、アフターコロナ時代を生き抜く必読書~

ご購入はこちらから(amazonのページが開きます)
7/23(木) 23:59までのご予約で、Amazon限定の特別書き下ろし短編「アフターコロナとアフターデジタルの符合とズレ」のPDFをダウンロードいただけます。

2019年3月の発売直後より、たくさんの方にご支持いただいている書籍『アフターデジタル - オフラインのない時代に生き残る』。前作を読んでくださった方々との様々な議論や、ビービットにおける「UX志向のDX」の実践を通じたアップデートを社会に還元したいという想いから、今年2月より続編原稿をデジタル上で一般稿公開しておりました。
このたび、公開原稿を書籍のためにまとめた『アフターデジタル2 UXと自由』を出版いたします。Amazonでは、7/23(木) 23:59までのご予約で限定の特別書き下ろし短編「アフターコロナとアフターデジタルの符合とズレ」のPDFをダウンロードいただけます。

なお、本書出版にあたり、サントリーホールディングス株式会社 代表取締役社長 新浪剛史氏、マルイグループ 代表取締役社長 代表執行役員 青井 浩氏より、下記の通り推薦コメントをいただいております。

「ここには社会や顧客の課題をどう解くのかというDXの本質が語られている。
まさに日本の未来を創る企業変革の羅針盤だ。」


サントリーホールディングス
代表取締役社長
新浪剛史

藤井さんのDXに対する「そうじゃないんだー!」という熱いメッセージと、
UX重視の新しい世界を切り開こうとする使命感のようなものが
あふれ出んばかりのパワフルな内容で、前作に続いて感動しました!


株式会社 マルイグループ
代表取締役社長 代表執行役員
青井 浩

■著者よりメッセージ

尾原和啓さんと作った前著「アフターデジタル - オフラインのない時代に生き残る」が、身に余るお言葉を頂戴しました。

一方、データやAIの力の過信や、ディストピア的管理社会への恐怖など、様々な誤解・曲解を招いた側面もあり、コロナ禍でデジタル対応が待ったなしと言われる中、このままでは様々な誤解の上でデジタル対応が加速してしまうという危惧を感じていました。

「ディストピアではない自由なアフターデジタル社会」をみんなで作っていくにはどうしたら良いのか、ということを考えて作成したのが、この「アフターデジタル2 UXと自由」です。前作が「視点の転換」を狙ったものであるのに対し、今回は「アフターデジタルに対応するための実践書」としての役割を担っています。DX推進者、ビジネス・サービス・UXを作る方々にとっての指針になればと思います。

得られたデータをUXに還元する、ユーザに信頼されるサービスに溢れ、ビジョンとして共感できるプレイヤーが力を合わせてエコシステム化しながら、今以上に豊かな社会が作られ、本書で書いていることが当たり前になってほしいと願っています。

■本書の特徴

本書は、アフターデジタルという世の変化に対して、私たちが持つべき精神(マインドセット)と、ケイパビリティ(能力と方法論)を掲示する本です。

「1」に当たる『アフターデジタル』をたとえ読んでいなくても、第 1章にエッセンスをまとめていますので、本書だけでも理解できます。 また、本書にて『アフターデジタル』を参照しているところがあるので、「1」がお手元にあればさらに理解が深まるのは間違いありません。

■目次

まえがき アフターデジタル社会を作る、UXとDXの旗手へ

第1章 世界中で進むアフターデジタル化

第2章 アフターデジタル型産業構造の生き抜き方

第3章 誤解だらけのアフターデジタル

第4章 UXインテリジェンス 今私たちが持つべき精神とケイパビリティ

第5章 日本企業への処方箋 あるべきOMOとUXインテリジェンス

あとがき 待ったなしの変革に向けて

■著者紹介

  • 藤井 保文(ふじい やすふみ)
    株式会社ビービット
    東アジア営業責任者/エクスペリエンスデザイナー

    1984年生まれ。東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 修士課程修了。
    2011年ビービットにコンサルタントとして入社。
    2014年に台北支社、2017年から上海支社に勤務し、現在は現地の日系クライアントに対し、UX志向のデジタルトランスフォーメーションを支援する「エクスペリエンス・デザイン・コンサルティング」を行っている。
    2018年8月には『平安保険グループの衝撃―顧客志向NPS経営のベストプラクティス』を監修・出版。
    2018年9月からはニューズピックスにおいて、中国ビジネスに関するプロピッカーを務める。
    2019年3月に「アフターデジタル-オフラインのない時代に生き残る」を出版し、世耕元経済産業大臣をはじめ各界著名人からの推薦を頂いている。現在8万5000部を超えるヒットとなっていることから続編発売が決定(7月末予定)し、執筆原稿は一般公開している。事例・方法論を随時アップデートし、アフターデジタル時代のUX/DXの道標を示していく。
    また、政府の有識者会議参画、FIN/SUM、G1経営者会議など「アフターデジタル」におけるアドバイザリや講演活動も多数行っている。

■書籍概要

書籍名:アフターデジタル2 UXと自由
出版形態:単行本、Kindle版
著者:株式会社ビービット 藤井保文
価格:2,200円+税
出版:日経BP
発売:2020年7月29日

本書のご予約はこちら(amazonのページが開きます)

書籍紹介ページ