ユーザ行動調査

ビービットの調査は、単なるアンケートやインタビューとは異なります。行動科学に基づき、ユーザが実際にPCやスマートフォンなどを利用する様子を観察する「ユーザ行動観察調査」という手法により、できるだけ現実に近い状況を設定し、本当の行動を把握しています。

過去10,000件以上の行動観察実績から、意見や行動の背景にある心理や考え方、気持ちの変化など細かい機微をとらえ、サービスを成功に導くための課題を明らかにします。

実際の行動に裏付けされた課題だからこそ、改善のインパクトが大きくなるのです。

ビービットのユーザ行動観察調査の強み

  • 2000年の創業以来、15年以上にわたって幅広い業界のユーザ行動観察調査を実施。
  • ユーザ行動観察調査の実施件数は、累計12,000件以上。
  • 業界内で最も早くアイトラッキングシステム(閲覧者の視線計測)を導入。
  • スマートフォンや携帯の利用状況を再現できる調査環境
  • 家庭におけるユーザの自然な利用状況を再現するリビングルーム調査ルームも完備
< ユーザ行動観察調査のイメージ >
  • 行動観察では、「こんなところで躓いている」「効くと思っている箇所が全く効かない」など、リアルな行動や反応が明らかになる。

  • リビングルーム風の調査ルームでは、インターネットとリアル環境を横断したより生活実態に近い調査ができる。もちろん、スマートフォンを用いた調査も可能。

プロジェクトの価値

  • 実際のユーザ行動に照らして自社サービスの課題を抽出することができる
  • 調査記録だけではなく、課題に対してどのように改善すればよいかの示唆も得られる
  • ユーザの行動(特に自社サービスに不満を持つ様子)を目の当りにすることで、危機意識が強くなり、改善に向けて組織を動かす原動力が生まれる
  • 企画中の機能やプロトタイプを調査で用い、コストをかけて開発する前に効果検証ができる

プロジェクト概要(例)

主な実施事項
  • アクセスログ解析
  • 専門家評価
  • ユーザ行動観察調査
  • 調査結果・課題のレポーティング
  • 今後の改善方向性の示唆
期間 2週間 ~ 5週間程度
費用 200万円 ~ 600万円程度
※規模に応じてお見積もり

実績

  • リクルートジョブズ

    日本最大級の求人サイト「フロム・エーナビ」において、アルバイトを探すユーザの実態をオンラインのみならずオフラインの行動も併せて調査。

  • 三井不動産レジデンシャル

    新築物件サイトの反響数向上に向けた改善方針を策定。物件検討ユーザのサイト内外の行動を精緻に把握し、サイト内のコミュニケーションを改善した。

ユーザ行動調査の実績一覧

関連情報(コラムなど)

お客様の状況や課題をお伺いし、
最適なプロジェクトをご提案いたします。

お問い合わせ