アトリビューション分析を要としたデジタルマーケティング手法

日程 2017年7月13日(木)
14:30 ~ 16:30(14:00受付開始)
会場 株式会社ビービット セミナールーム5F
東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル5階 (地図)
参加費 無料
定員 60名
主催 株式会社ビービット・AdRoll株式会社・ソフトバンクコマース&サービス株式会社

セミナーの概要

消費者のタッチポイントが飛躍的に拡大・多様化する中で、デジタルの広告施策の役割や貢献度は異なり、 それぞれの成果把握は困難で不明確になりがちです。

認知からユーザの興味を育てるための広告運用や広告効果の分析を行う際、ラストクリックだけを評価するのではなく、 各タッチポイントが消費者にどのように作用したのかを把握し、コミュニケーション戦略をたてる必要があります。

広告施策を幅広くご担当されている方に向けて、売上に繋がるユーザの興味の育て方と アトリビューション分析を軸に次の一手を導く広告効果測定をご紹介いたします。

スケジュール

14:00 ~ 受付開始
14:35 ~ 15:20 第1部
間違いだらけのアトリビューション分析
-成果につながるコミュニケーション仮説-


株式会社ビービット ソフトウェアサービスコンサルタント 生田 啓
15:20 ~ 15:30 休憩
15:30 ~ 16:10 第2部
ラストクリック依存からの脱却、フルファネルソリューションのご提案

AdRoll株式会社 Partner Manager, SMB 平良 亮
16:10 ~ 16:20 ご紹介コンテンツ
デジタルマーケティングに役立つ情報を
-マーケティングバンクのご紹介-


ソフトバンクコマース&サービス株式会社 新規事業推進統括部 マーケティングバンク推進室 織田 靖幸
16:20 ~ 16:30 (ご質問等がある方のみ)質疑応答、個別相談

講演の内容

【 第1部 】
間違いだらけのアトリビューション分析-成果につながるコミュニケーション仮説-

【主な内容】

    売上拡大に向けて、新規顧客の獲得のため様々な広告や集客施策を実施される企業様の中には、 様々な目的の広告評価方法に悩まれているという方も多くいらっしゃいます。
    新規購入するユーザの行動をデータから捉え、行動パターンの中で各施策がどのように貢献しているのかを可視化する方法をご紹介します。

【 第2部 】
ラストクリック依存からの脱却、フルファネルソリューションのご提案

【主な内容】

    リターゲティング広告に多いのが、マーケティングファネルにおいてのコンバージョンに近い層ばかりを狙ったアプローチ。 しかし、その購買ファネルばかりを狙ってCPAが向上しても、全体の売上は上がらないという課題を抱える広告主が多いのが事実。
    本セミナーでは、様々なファネルにおいて、新規、売上単価、ROAS、LTVといった異なる指標を設定することを奨励し、 フルファネルマーケティングを可能とするソリューションについてお話します。

講演者のご紹介

株式会社ビービット コンサルタント 生田 啓

京都大学工学部を卒業後、株式会社ビービットに入社。ユーザー中心アプローチによるネットマーケティング手法の開発や、金融機関、大手保険企業などへの コンサルティングに携わる。
現在は、企業が科学的にマーケティングを行って確実に成果を創出するための効果測定ツール 「ウェブアンテナ」および新サービスのデジタル行動観察ツール「ユーザグラム」の事業運営に携わる。

AdRoll株式会社 Partner Manager, SMB 平良 亮

大学卒業後、米国に留学し広告・マーケティングを専攻。帰国後は総合広告代理店にて、営業として一般企業や官公庁のマーケティングを担当。 その後Twitter Japanにてアカウントマネジャーとして主にEC企業を担当。
2016年7月AdRoll入社。2017年からはSMBチームを立ち上げ、中小企業のためのサービスを鋭意拡大中。

  • 定員がございますので、お早めにお申し込みください。
  • 主催者とご同業者様・競合製品の代理店様、ウェブコンサルティング関連企業様、個人の方のお申込みはご遠慮いただいております。
  • 講演内容・講演者が変更になる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

セミナーに関するお問い合わせ

株式会社ビービット マーケティング担当

〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル5階
TEL:03-5210-3891 / FAX:03-5210-3895
E-mail: seminar@bebit.co.jp